アイムピンチ成分情報効果副作用

アイムピンチの成分情報から肌への効果の関係性と副作用の危険性のありなしを調査してみた!

アイムピンチ成分情報表

 

アイムピンチの成分情報の全てを公開してみると、

 

アイムピンチの成分情報

 

 

・セラビオ/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液

 

・ヒアルロン酸Na

 

・水溶性コラーゲン

 

・加水分解水添デンプン

 

・グリコシルトレハロース

 

・α-アルブチン

 

・ハトムギエキス

 

・プルーン分解物

 

・ハマメリス水

 

・オトギリソウエキス

 

・カミツレエキス

 

・トウキンセンカエキス

 

・フユボダイジュ花エキス

 

・ヤグルマギクエキス

 

・ローマカミツレエキス

 

・水(宮崎県霧島山麓産の天然アルカリイオン水「銀河水」使用)

 

・グリセリン

 

・BG (ブチレングリコール)

 

・スクワラン

 

・ペンチレングリコール

 

・トリポリヒドロキシステアリンジベンタエリスチル

 

・べタイン

 

・(アクレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー

 

・カルボマー

 

・フェノキシエタノール

 

※パラベン、合成香料、合成着色料は使用していません。【アレルギーテスト済み】

 

と他の美容液と比べても多くの成分が入っていることがわかりました。

 

ではこれらの成分は肌にどのような効果をもたらしてくれるのか?

 

どのような目的で使われているのか?

 

さらには副作用の危険性のありなしなどはどうなっているのか?

 

などを調査していきたいと思います!

アイムピンチの成分情報の使用目的と効果は?

 

アイムピンチの成分効果と使用目的

 

 

・セラビオ/(コメヌカエキス/ダイズエキス)発酵液 … 本来肌がもっている美しくなろうとする力を促進してくれる作用がある。 肌へのハリ効果、潤い効果が期待できる

 

・ヒアルロン酸Na … 保湿力に特化した成分、肌がしっかり保湿されることで肌の弾力、ハリがアップされる効果がきたいできる。 逆にこの成分が低いと肌が乾燥してしまう原因になる。

 

・水溶性コラーゲン … 特徴としては不純物が非常に少ないことからコラーゲンの純度が高いとされている成分で主に、皮膚の水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿効果を高めてくれる効果がある。 肌が保湿されている時間を長めに保ってくれる作用あり!

 

・加水分解水添デンプン … 保湿作用、肌荒れを防ぎ肌を保護する作用がある。 長時間水分を保持して乾燥から肌を守る効果が期待できる。

 

・グリコシルトレハロース … 紫外線ダメージから肌を守ってくれ、炎症や肌荒れを抑える効果や刺激緩和作用が期待できる成分。 またこの成分には化粧品をしっとりするのにべたつかないという使用感にしてくれる作用もあり肌の保湿効果も期待できる。

 

 

・α-アルブチン … 美白作用、肌に透明感を出してくれる効果が期待できる。

 

・ハトムギエキス … 保湿効果、肌のターンオーバーをサポートし肌状態を整えてくれる効果も期待されできる成分。

 

・プルーン分解物 … 肌にうるおいを与えてなめらかにし、肌を明るくしてくれる効果などが期待できる。 

 

・ハマメリス水 … 消炎効果、創傷治療効果、肌のキメを整える効果などが期待できるとされている、がそこまで大きな効果は期待できないと個人的には感じた。

 

・オトギリソウエキス … 肌を引きしめる効果、保湿効果、抗炎症効果、抗菌効果、皮膚細胞活性効果などが期待できるとされている成分で、美容液にとどまらず化粧水やシャンプーなどにも多く使われている割とメジャーな美容成分。

 

・カミツレエキス … 別名カモミールと呼ばれるハーブの一種で主に、保湿効果、抗炎症作用(ニキビや皮膚炎などの炎症を抑える)、乾燥などによる肌荒れ改善効果、ターンオーバー促進作用、抗菌作用、シミに効く美白効果、、さらにはメラニン色素の生成を抑えて色素沈着を防いでくれる効果などが期待できる。

 

・トウキンセンカエキス … 抗炎症作用・消炎効果、肌を柔らかくする効果、殺菌作用からのニキビの予防効果、などの効果が期待できる。

 

・フユボダイジュ花エキス … 育毛剤や化粧品などによく使われている成分で主に、保湿効果 消炎効果、抗酸化効果、血行促進効果、殺菌作用、リラックス効果などがあるとされている。

 

・ヤグルマギクエキス … 保湿効果、肌のバリア機能を高めてくれる効果、肌を引き締めてくれる効果、肌をなめらかにしてくれる効果などが期待できる、他にも抗酸化効果・皮膚細胞の活性化、抗炎症効果・消炎(肌荒れやニキビ肌を抑える効果)などの作用もあるとされている万能エキス。

 

・ローマカミツレエキス … 消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果があり、肌あれ防止効果などが期待できることから、主に肌皮のコンディショニング剤として、化粧水や乳液、基礎化粧品、シャンプーなどに配合されることが多い成分。

 

・水(宮崎県霧島山麓産の天然アルカリイオン水「銀河水」使用) … ? おそらく中和剤としての目的で使われていると考えられる。 こだわりをもって良質な水を使っているのがなんとなくわかる。

 

・グリセリン … 保湿剤、柔軟剤として使用されていて、主に肌にうるおいを与てくれる。 ヒアルロン酸Naと組み合わせることで相乗効果がまして、水分保持力、肌の上に薄い皮膜をつくって外気の乾燥からしっかり肌をまもってくれます効果が飛躍的にますとされている。 【アイムピンチはヒアルロン酸Naが入っているので保湿力が増す期待値は高いと思える。】

 

・BG(ブチレングリコール) … BGは本当に多くのスキンケア化粧品に配合される成分で、主に保湿効果とともに抗菌効果目的で使われている成分になる。
また保水性や吸湿性もあるので、肌への馴染みを良くしてくれたり、肌を保湿してくれている時間の持久性も高くなる。

 

・スクワラン … 肌に馴染みやすいとされている成分で肌を紫外線や乾燥から守ってくれて保湿性にも優れている。 さらにはターンオーバーの促進効果、古い角質を落とし肌を柔らかく保つ効果、殺菌作用や鎮痛作用もあることからニキビ予防効果なども期待できる。

 

・ペンチレングリコール … 保湿効果が期待できる成分で、さらには抗菌性があることから防腐目的でも使用されている。 表皮の雑菌を抑える効果なども期待できるとされている。

 

・トリポリヒドロキシステアリンジベンタエリスチル … 肌の水分を抱え込む性質があることから、肌の潤い持続時間が長くなる効果が期待できる。

 

・べタイン … 皮膚への浸透性に優れた成分で塗った際のべたつきを抑える目的でも使用されている。 主に肌のしっとり感の向上、肌をなめらかにする効果が期待できて保湿効果も高いとされている。

 

・(アクレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー … 成分の安定を目的に使われている成分。 (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーは合成物質樹脂の高分子ポリマーと違い水溶性ポリマーになるので高い密封性がなく、肌の毛穴がつまる要因になることはないとされえています。

 

余談になりますが、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーをはじめとする合成ポリマーがしみ、しわ、たるみの原因になるなどの情報を稀に見かけることがありますがクロスポリマーそのものに肌の老化や肌悩みをもたらすとされている根拠が科学的にないと実証されているのでその心配事は無用だと
思えます。

 

・カルボマー … 美容液の粘土を調整するために使用されている。

 

・フェノキシエタノール … 微生物の増殖を防ぎ、化粧品の品質を守る為に使われている成分で、防腐剤として使用されている。

 

 

※パラベン、合成香料、合成着色料は使用していません。【アレルギーテスト済み】

 

アイムピンチの成分情報を調べてみて!

 

成分情報を調べてみて感じたことは、やはり肌に潤いを与えてくれる保湿成分が他の化粧品と比べてみてもかなり多く入っていて、乾燥肌対策や肌に潤いを与えたい人にももってこいの美容液だと感じました。

 

私自身アイムピンチを使い肌がしっかり潤う事で、肌のハリがます効果、効果肌荒れ改善効果、たるみ改善効果、目元がふっくらする効果、…など他にも様々な肌効果があったので、アイムピンチ自体の肌の美容効果は高めだと感じました。

 

また肌が潤い持続時間も他の美容液に比べて長いと感じたのも嬉しい効果でした。

 

↓アイムピンチを★最安値の1000円(送料無料、税込)全額返金保証付き★で買うなら↓

アイムピンチの副作用性や肌への危険度を調査!

 

アイムピンチの成分を調べた結果、ヒト試験、動物試験を実施して毒性がないこと、副作用の心配性が極めて低いとされている成分のみが使用されていることがわかりました。

 

肌への刺激性に対しては、他の美容液と比べても消炎効果、抗菌効果、抗炎症効果成分が多く入っていて安心感はあったのですが、アイムピンチ中に入っているハマメリス水、カミツレエキス成分がは消炎効果、抗炎症作用があるものの、カミツレ(キク科アレルギー)がある場合やハマメリス自体にアレルギーがある場合は可能性はかなり低いものの逆に肌が炎症してしまうリスクがあるとのことでした。

 

ちなみにカミツレエキスやハマメリス水は割とメジャーな成分なので今まで使用した美容液や化粧水などに入っていることも考えられるので、今まで使用してみて肌に刺激を感じた化粧品があれば2つの成分が入っていないかをチェックしてみることをおすすめします。

 

ですが、肌に合う合わないはどの化粧品の口コミを見ても少なからずあるのでこればっかりは仕方ないことだと感じるのですが、もし仮にアイムピンチを使ってみて肌に炎症が起きた場合などはアイムピンチ公式ページ窓口に相談すれば全額返金サポートを受けられる対象になるので積極的に返金保証を活用してもらえればと思います。

 

アイムピンチの成分情報記事まとめ

調査内容を簡略して報告すると、アイムピンチは保湿成分に極めて優れている美容液で、副作用の危険性が極めて低い成分のみで使用されていることがわかりました。

 

肌に100%刺激がないと立証されている美容液はないので、もしアイムピンチを使ってみて肌に刺激があった場合は全額返金を使えばオールオーケーだと思います。