めんどくさい、やりたくないを撃退できれば挫折率は大幅に下がる!

怠惰の感情を撃退できれば挫折率は10%代にまで下がる!〜怠惰撃退法の紹介〜

実際に何か目標をたてて、それを達成させられる人ってどれくらいいると思いますか?

 

調べた結果、新年に目標を掲げた人の目標達成率は11%とのことでした。 (アメリカでの達成率は8%)

 

(調べられたのは新年に掲げた目標達成率のみですが、これが2月だろうが、3月だろうがきっと数値はそれほど変わらないでしょう。)

 

単純に考えて、目標を掲げた10人に9人は挫折しているということになります。

 

なぜそれだけの人が目標を達成できないで挫折してしまうのか?

 

目標を達成できない人の共通点として、【己の中にある甘えの感情に負けてしまいやすい】という傾向があります。

 

甘えの感情とは、めんどくさい、やりたくない、楽したい、怠けたいなどの人間誰もがもっている怠惰の感情になります。

 

この怠惰の感情がありとあらゆる場面であなたのやる気を奪いに襲い掛かってきます!

 

そしてあなたは目標を達成させる為に、ありとあらゆる場面でこの感情と戦い、勝利しなければいけません。

 

例えば、作業を始める前、作業途中、休憩明け、帰宅後、ご飯を食べた後、寝起き、見たいテレビがある時、遊びに誘われた時、様々な場面でめんどくさい、やりたくないなぁと感じることでしょう。

 

始めて間もないモチベーションも高い頃は、メンドクサイの感情を倒せるかもしれませんが、このメンドクサイの感情は翌日にはかなりの確率で復活してきて、再びあなたに襲い掛かってきます!

 

もうメンドクサイ、怠けたいという感情はラスボスの魔王だと思ってもらった方がいいと思います!それだけの戦闘力と狂気をこの感情はもちあわせています。

 

そして、もう少ししてからやろう、明日に今日の分もやろう、という考えもすでに魔王の浸食を許してしまっている状態にあり、そこから挫折への道はすでに始まっていることを理解して下さい。

 

怠惰の感情に勝利する為には?まずは克服するための考え方をまず知る事が肝心!

 

10人に9人が挫折してしまう理由わかって頂けましたか?

 

今まで書いた内容を簡単にまとめると、ほぼ毎日怠惰の感情に打ち勝たなければ、目標は達成は難しいということになります。

 

そしてここからが本題になるのですが、どうやったらこのメンドクサイ、やりたくない、怠けたいという感情に勝てるのか?その考え方をまず

 

あなたは、人が持つ欲求や感情を使ってモチベーションを上げる方法ってよく色んな所で見かけたことありませんか?

 

頑張った自分にご褒美でモチベーションアップ!とか

 

壁に目標を貼り付けてモチベーションアップ!とか

 

これらの方法を否定するわけではないのですが、実際にこれらの方法を試した人は感じたことがあるかもしれませんが、これらの方法でモチベーションを維持しつづけるのって結構難しいと感じませんでしたか?

 

わたしはこの方法には大きな弱点があると思っています。

 

その弱点は何かというと、めんどくさい、やりたくないという意識が常に隣り合わせになっている状態なのに、それに打ち勝つ術が己の気持ちのみということです。

 

 

 

モチベーションアップ法ではこれに勝つのは難しいです。

 

それを壁に目標を貼り付けただけでモチベーションが保てると思いますか?

 

やりきったらアイスを食べてよいというご褒美でモチベーションが保てると思いますか?

 

 

 

今打ち込んでいることを本気で好きだと思えている人。

 

その作業を毎日やるのが当たり前な習慣まで持って行けた人。

 

煮えたぎるほどの情熱を持っている鉄人。

 

努力のしかたを熟知している人。

 

努力に対して正当な報酬があり、それをモチベーションに繋げられている人。

 

あとはイチローくらいのもんです!

 

 

 

目標を達成させるためには、ほぼ毎日、めんどくさい、やりたくない、テレビ見たい、ゲームしたいと言う甘えの感情や欲望と戦わなくてはいけないということです。

 

ぶっちゃけ、簡単なモチベーションアップ法では歯が立ちません。

 

 

 

 

 

目標を達成させる為には戦術が必要!

 

 

 

 

 

 

 

 

それ以外の人はこのめんどくさいを倒すにはしっかりとした戦術が必要になると思います。

 

怠惰の感情に負けない為の戦術とは?

 

なぜ人はめんどくさいという感情に負けてしまいやすいのか?

 

わたしが思うに、1人で目標に向かって頑張っている状態だからということが大きな原因なのではないかと思います。

 

やらないこと、諦めることに対してのリスクが何もない、もしくは低い状況であると、やりたいない、めんどくさいという感情に負けてしまいやすい。

 

もう少し詳しくいうと、1人の状況だから、めんどくさくてやらなくても、目標を諦めたとしても、特に誰にも迷惑がかからない、大きなデメリットがない、だから甘えがでるし、目標を投げ出しやすい。

 

ではどうすればめんどくさいに勝てるのか?

 

答えは簡単で、すぐに投げ出せない状況をあなた自身で作り上げることになります。

 

例えば、あなたがその目標を達成しなければ、

 

・大切な人が重い病気になってしまう 

 

・まわりの人から嫌わてしまう 

 

・住む家がなくなる

 

このような不幸なことが起きるとしたらあなたはどうしますか?

 

何が何でもその目標を達成させようと思うのではないでしょうか?

 

逆に目標を達成させることができれば、

 

・あなたのまわりの人から尊敬され敬われチヤホヤされる

 

・誰かに何か好きな願いを叶えてもらえる

 

・高額な報酬が入ってくる

 

という状況なら、さらに「絶対目標を達成させてやる!」と思えるのではないでしょうか?

 

伝わりやすいように、少し大げさな例えをあげましたが、ようは自分がそれを達成できないと何らかのデメリットがでる状況を作り上げて、達成できたら嬉しいメリットがある状況を作ることができれば、モチベーションが低いとか、でないとか関係なく、前に進むことしかできない体制を作り上げることができます。

 

そしてこの方法は、あなたの周りにいる誰かを巻き込むことが非常に重要になってきます。

 

それはなぜかと言うと、

 

・目標を達成した時のメリットが作りやすくなる

 

・目標を達成できなかった時のデメリットを作りやすくなる

 

・目標をなげだすことへの圧を作ることができて、それが強制力になり目標達成の確率を大幅に上がる

 

・責任感を引き出しやすくなり結果、挫折しにくくなる

 

・人が持つ感情、【承認欲求、愛情欲求、自己防衛本能、承認欲求、貢献欲求】 を使ったモチベーションアップ術が使いやすくなり、さらにモチベーションアップ効果も飛躍的に上がる

 

これらの効果を得やすくするためです。

 

それでは、

 

自分の為よりも誰かの為にの方がモチベーションを上げやすい理由

 

誰かの為に行動するという考え方も使い方次第でかなり優れたモチベーションを上るための技になります。

 

自分だけの為にモチベーションを上げようとするよりも、誰かの為にと行動する方がモチベーションは簡単に上げやすいです。

 

それはなぜかというと、誰かの為にと行動した場合、その誰かから何らかの反応が返ってくるからです。

 

仮にその反応がもしあなたのテンションを上げる嬉しいものだったらどうでしょう?考えて見て下さい!

 

あなたが頑張った事に対して、褒めてもらえたり、感謝されたり、良い評価がもらえる。

 

時には何かしらのご褒美や見返りが相手からかえってくるかもしれません。

 

そんな反応を貰えることで自分の頑張りが報われたように思え、達成感や充実感を覚え、そこからさらなるモチベーションに繋げやすくなる。

 

想像してほしいのですが、あなたがひたむきに頑張ってる所を皆が評価してくれたらあなたはどう感じるでしょう?

 

「マジスゴイ!」

 

「かなわないなぁ」

 

「何でそんなにできるの?」